北九州の夏祭り

ホテルクラウンパレス北九州の近くで開催の夏祭りのご案内です。
「戸畑祇園大山笠」はユネスコ無形文化遺産に登録されています。

北九州の夏祭り、是非お楽しみください。

戸畑祇園大山笠

2019年7月26日(金)・27日(土)・28日(日)
(毎年7月の第4土曜日を含む3日間開催)
競演会会場:戸畑区 浅生1号公園周辺(戸畑区役所近く)

戸畑祇園大山笠イメージ

国の重要無形民俗文化財の「戸畑祇園大山笠」は、 2016年ユネスコ無形文化遺産に登録されました。
4基の大山笠と小若山笠が集まり競演する、祭り中日の「大山笠競演会」が見どころのひとつです。

昼は幟(のぼり)などの装飾がついた「幟大山笠」
「見送り」と呼ばれる各山笠を象徴する飾りや、山笠台の周囲の「幕類」など、きらびやかな装飾にも注目!

これが夜になると装飾が取り外されて、12段・309個の提灯を重ねた「提灯大山笠」に姿を変えます。
高さ10メートルの大きな光のピラミッドが、夏の夜空に浮かび上がります。

祭りを盛り上げる「お囃子」も四山で少しずつ異なるようなので、見るだけでなく「音」も楽しみましょう!

昼の戸畑祇園大山笠

※交通規制等、詳細は祭り公式サイトや自治体の情報等でご確認の上お出かけください。
※写真は過去開催時のイメージとなります。

黒崎祇園山笠

2019年7月19日(金)~22日(月)
(毎年7月の第3~4週目の週末の4日間開催)
黒崎駅周辺

黒崎祇園山笠イメージ

およそ四百年前から行われ、福岡県の無形民俗文化財に指定されています。

祭りの幕開け行事の「お汐井取り」での笹や梵天をつけた笹山笠は、全国的にも珍しいものです。
「お汐井取り」がすむと、電飾のついた豪華絢爛な「人形飾山」になります。

関ヶ原の戦いで黒田藩が使った陣太鼓の調子を取り入れたとも言われる、ホラ貝などによる独特の祇園囃子の中、山笠が勇壮に引き回されます。
きらびやかな山笠の動きの激しさから「喧嘩山笠」の異名をもつこの祭り、一緒に熱くなりましょう!

※交通規制等、詳細は祭り公式サイトや自治体の情報等でご確認の上お出かけください。
※写真は過去開催時のイメージとなります。

小倉祇園太鼓

2019年7月19日(金)・20日(土)21日(日)
(毎年7月の第3土曜日を含む3日間開催)
競演会会場:小倉城大手門前広場

小倉祇園太鼓イメージ

小倉で四百年近く続いている歴史があり、国選択無形民俗文化財に指定されています。

「あっやっさやれやれー」の掛け声とともに、山車の前後に太鼓をのせジャンガラと呼ぶ鉦(かね)にあわせて両面から打ち鳴らしながら町をねり歩きます。
太鼓の両面かつ歩行打ちは全国的にも珍しく、お囃子などと一つになった音の調和を楽しみましょう!

祭りのハイライトは、伝統の太鼓の打法を競い合う太鼓の競演大会。
この日のために練習を積んだ真剣勝負の世界!「あばれ打ち」や「みだれ打ち」など伝統の太鼓の打法を競います。

※交通規制等、詳細は祭り公式サイトや自治体の情報等でご確認の上お出かけください
※写真は過去開催時のイメージとなります。

わっしょい百万夏まつり

2019年8月2日(金)~4日(日)※2019年から前夜祭を新設
小倉 小文字通り、ミクニワールドスタジアム北九州など

わっしょい百万夏まつりイメージ

2019年は前夜祭が新設され、3日間の開催に!

「夏まつり大集合」や、「百万踊り」などイベント満載!
毎年最終日に行われていた勝山公園付近での花火が、今年2019年から会場をミクニワールドスタジアム北九州に移動して前夜祭の始まりを告げる花火になるなど、今までとは異なる開催になりそうですが、参加してまつりを楽しみましょう!

※交通規制等、詳細は祭り公式サイトや自治体の情報等でご確認の上お出かけください。
※写真は過去開催時のイメージとなります。

関門海峡花火大会

2019年8月13日(火) 19:50~20:40
北九州市門司区西海岸周辺

関門海峡花火大会イメージ

2019年で第32回を迎える海上の花火大会。

海峡をはさむ福岡県北九州市の門司と山口県の下関の両岸で、合同開催されます。
両岸から競うように次々と打ち上げられる花火は、海岸からだけでなく山の上からも眺められるので、関門橋や夜景と一緒に楽しみましょう!

※交通規制等、詳細は祭り公式サイトや自治体の情報等でご確認の上お出かけください。
※写真は過去開催時のイメージとなります。