ご法要プラン

偲ぶ想いを厳かに
故人への感謝の気持ちとご冥福を祈る
大切な仏法行事「法要」
そして先祖の御霊へ厚い信仰心を示す行事でも
あります。
宗教・宗派による違いからしきたりや営み方も複雑なものとなります。

ホテルクラウンパレス青森では、
ご遺族の方々にご満足いただけるよう心からお手伝いさせていただきます。
 
ご法要に関する、全ての手配承ります

案内状の作成、祭壇装花、引出物・引菓子、
記念写真、席札

※祭壇ご希望の方は、お写真(額縁付)・ご位牌をご用意ください。(会場使用料は無料です)








 

初七日
初七日は葬儀の区切りとなりますので、特に重くみられます。 近親者、親戚、親しい友人・知人はもちろんのこと、葬儀の時にお世話になった人をお招きします。
四十九日
四十九日で忌明けとなります。三十五日にすることもあります。
ご法要の年
お亡くなりになった翌年の命日に一周忌を行います。一周忌の翌年、満2年目に三回忌を行います。三回忌の後は七回忌・十三回忌・十七回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌・三十七回忌・五十回忌と手厚い法要が営まれます。
ご法要を行う日 ご法要はご命日に限らず、お寺の都合や列席者の都合を考慮して、ご命日に近い折り合いのつく日を選びます。命日より前に行い、遅らせるのはよくありません。
ご法要の営み方
ご法要はお寺で行う場合、自宅で行う場合を問わず、僧侶を招待して読経して頂きます。焼香後は僧侶や参列者を設備の整った会場にて接待します。
遺族の服装
初七日から三回忌までは、男女とも正式喪服にするのが無難です。それ以降は、略式でも構いません。但し、いつもの法要でも参会者より軽い服装は控えた方がいいでしょう。
僧侶へのお礼
僧侶へのお礼は「御経料」または「御礼」と表書きし渡します。自宅や霊園までおいでいただく場合は送迎にかかわらず「御車代」を別に用意します。また都合で宴席に招かない場合は「御食事代」として包むのが礼儀です。
 

お料理

お膳 お一人様  8,000円(税別)

献立12品
先附、前菜、椀物、凌ぎ、造り、煮物、
洋皿、揚げ物、蒸し物、酢の物、食事、水菓子


ご予算・ご希望に応じてご予約承ります。

 

 

  • お電話でのご予約・お問い合わせ TEL:088-873-1111
  • インターネット空室検索
  • お問い合わせ